スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最大の大ビックリ



一昨日夜のことです。
兄さんがベランダの窓を見ながらそわそわしているので、外見たいのかな~と思い、窓を開けたのです。で、兄さんは外をじーっと見ているだけで動こうとしないものですから、虫入ってくるから閉めるよと、兄さんの背中をポンを一押ししたら

兄さん飛び上がってビックリ→そしてベランダへ。
*ちなみに我が家のベランダはネットを張って猫仕様になっています。

その瞬間は気づかなかったのです。おどかしちゃってごめんねと思ったものの。

一呼吸置いてから異臭に気づきました。

臭っ!!

はじめは兄さんのおならかと思ったら、そうではありませんでした。
兄さんが座っていた付近に茶色のシミ(しかも大量)が。。。
そうです。プチさんでおなじみのピューです。

プチさんをマッサージした時に時々出るピューは

p.jpg
この程度ですが(都合により美しく表現しております)


m.jpg
兄さんはこんなにいっぱい。

あの嗅ぎ慣れたにおいが室内に充満し、人間パニック。あわててシミを拭き、ベランダへ目をやると、なんとベランダにも茶色いシミが。
兄さんもはじめての経験に驚いたのか、なんとも変な顔で座り込んでいます。
お尻を上げさせて見て見ると、……お尻にべっとり。→即効風呂へ。

兄さんのお尻を洗っている間に室内の臭いは消えましたが、とにかくびっくり。
だって本当に大量だったから。
でも、あれだけいっぱい出たということは、つまり兄さんは定期的に絞ってあげなければならない猫なのかもしれません。
現在配布中のペピィキャッツに、実にタイミングよく肛門嚢炎の記事が載ってますが、ああなってしまったら大変です。
今度獣医さんに相談してみます。自分で絞るのは無理なので。
みにゃさまもお尻には気をつけて下さいね。お医者さんに行く機会があれば、一度チェックしてもらうのも良いかも。

PIC08016.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。