スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いお尻に関する二題

【其の壱~土曜夜の喜劇】

2にゃんこさんの夜ウンは相変わらず続いています。
その日も通常通り、私がじゃらしを振って2にゃんはワーワー騒ぎ、ひととおり満足したのでしょうか、プチさんがいそいそとトイレへ向かいました。その間、私は兄さんの相手をして、しばらくの後、プチさんがトイレから出てきました。
でも、様子が何か変です。歩き方がちょっとおかしく、妙な顔をしています。
これはもしかしてアレでは?という推測は見事に的中しました。前回、兄さんの時はお尻の状況を確認することが出来ませんでしたが、今度はバッチリです。だってプチさんのお尻周辺はふわふわの白い毛。黒飴がくっついていたら、それはもう目立ちます。
大仰に騒ぐと逃げられてしまいますから、素知らぬ顔をして立ち上がり、ねこのきもち付録の除菌ティッシュを取り、黒飴さん捕獲の準備は完了。
それではいざ勝負!
と、振り向いたその瞬間、プチさんは再びトイレの住猫となっていました。
そして砂カキのものすごい音が鳴り響きます。
ティッシュを持ったまま私は待ちぼうけ。兄さんがその時何をしていたのかは分かりません。待つ事暫し、プチさんはスッキリした顔でトイレから出てきました。再度確認すると、お尻の黒飴さんはどこにもありません。

取れない取れない~と欽ちゃん走りをした兄さん(かりんとうはカーペットの上に落とす)と、あくまでも冷静を装い、黒飴をトイレの中に落としたプチさん。同胎の兄妹なのにこの違いは一体何なのでしょう…。



【其の弐~日曜朝の悲劇】

ごくまれにですが、プチさんは腰とかお尻周辺をマッサージすると臭い汁をピューします。その行為はちゃんと汁が出てますよ~というサインですから、引っ掛けられてもとりあえず納得してます。
しかし、この日の朝、ブラッシング時に白いお尻を見るとこんな感じでした。
oshiri.gif
一体何の図か説明しないとですが、つまり肛門の左右、肛門膿出口部分に分泌液が固まったものがくっついているんです。
猫は自分の身体をくまなくグルーミングしますから、放っておいても構わない…わけにはいきません。プチさん、お兄ちゃんのことはしつこくグルーミングしますし、自分の舌が届く範囲のグルーミングはまめですが、いかんせん、彼女は猫にしては身体が固いのです。筋肉質娘だから。
よし!ならば私が取ってあげるぞ。いざ行動開始。

(1)お湯で濡らしたハブラシ(やわらかめ)でゴシゴシ→取れずに失敗。
(2)お湯で濡らした手袋つけて直接捕獲挑戦→やっぱり取れずに失敗。

しつこくお尻を触られ、プチさんは怒り爆発状態ですが、なんとしても取らねばなりません。詰まっていたら大変です。

(3)プチさんをなだめつつ、精神統一、一瞬にかける。使用アイテムは毛抜き→見事成功。

かさぶたを剥がすようで怖かったのですが、お湯でふやけていたのか、あっさりと取れました。毛抜き作戦大成功。
はぁ~~~やれやれ。と安堵し、結構派手に濡れたプチさんのお尻周辺を拭いてあげようとしたら、…お尻のふわふわ毛に少量ですがピューされた黄色い分泌液がくっついてました。
恐怖のための放出なのか、それとも詰まっていたのか。どちらにせよ、プチさんのお尻には常に気を配らなければなりません。


・お兄ちゃん、顔じゃなくプチさんのお尻グルーミングしてよ(2分)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。