スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端っこトイレ~完結編

以前も書きましたが、我が家の2にゃんは揃って端っこトイレです。
ですので、かっちり固まる砂だと(エバークリーン等)砂がトイレの壁からなかなか剥がれず、それこそトイレスコップが折れそうになるほどでした。
そこで考えたのがシーツトイレです。市販のシステムトイレも試したものの、砂粒が大きいのはシルベスターもプラチナも駄目なようで、すのこ無しトイレにシーツを敷き、その上にざざ~っと砂を入れるようにしました。
しかし、はトイレの前後に砂カキカキです。シーツをただ敷いただけではめくれあがって、悲惨な状態になりますから、布テープでぐるっと固定してました。
それを見たミーコママさんが「布テープで貼付けるのではなく、トイレ容器に挟みこむようにしたら?」とおっしゃり、そうか!その手があったのか!!と目からウロコ。

toto1.jpg


でも、上の図のようにするにはシーツがかなり大きくなくてはいけません。できれば今使っているレギュラーサイズ(45×34)を利用したいな…と考えながら、楽天内をふらふらさまよっていた時、そうだ。シーツを挟むといったらわんこトイレだわ。
カテゴリの隣にあるわんこカテゴリ→トイレをクリック。トレイタイプの三面壁バージョンにダンボールで覆いをすればいけるかもしれない。頭の中でDIY作業行程をあれこれシミュレーションしながら、次のページをクリックしたら、

20061120093701.jpg


20061120093652.jpg


これを見つけたのです。置き場所は相変わらずピアノの下。
とびちり防止トイレ(BYアイリスオーヤマ)
トイレの構造はこうなってます
シーツを敷き、上からしっかり挟み込むので激しい砂カキにも耐えられます。シーツが破れることもあるけど(涙)。
端っこトイレといっても、壁にシャーするわけではないので本体はそれほど汚れないと思うのですが

toto.jpg


このようにシッコが染みたシーツが本体に接触しますから、消毒用エタノールをトイレットペーパーにスプレーして接触部分を拭いています。

長かった端っこトイレとの戦いも、どうやらこれで終わり?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。